パキシル副作用

パキシルの副作用が怖い。。。

<パキシルの副作用・多いもの>

  • 眠気(持ち越し効果)
  • 吐き気
  • 性機能障害
  • イライラ
  • 不安感
  • 一過性健忘(記憶障害)

が心配である場合、これを防ぐ為に
2つ意識するべき点があります。

 

 

  • セロトニン分泌
  • 依存性

 

 

この2つを視野に入れながら、代用できるものを探す必要があります。

 

 

バキシルはSSRIと呼ばれるセロトニン再取り込み阻害薬と同じく
セロトニンの減少を抑え、感情の不安定を緩和するのが目的のお薬になります。

 

 

つまり、セロトニン増強ができれば、パキシルに頼る必要はなくなります。

 

 

セロトニンを増やす方法って?

 

 

一般的には太陽の光にしっかりと当たる事と言われています。
そして、規則正しく、バランス良い食事。。。

 

 

ですが、これは精神的に健康な方の場合です。
不安感や不眠、気分調節障害状態にあるタイミングでこれをやっても
長期的な改善案となります。

 

 

極度のストレスにさらされて疲弊している場合には、セロトニン減少に追いつきません。

 

 

そこでパキシルなどの薬が処方されます。

 

セロトニンを増やせる食品は?

 

セロトニン増強を考える時に必要な成分はトリプトファンです。

 

つまり、トリプトファンが含まれる食品がベストです。

 

マグロ
カツオ
牛肉
豚肉
乳製品
バナナ

 

以上は、トリプトファンの多い食品です。

 

 

セロトニン増強ドリンク

 

上記の食材では、

  • カロリー過多が心配
  • 適切な量がわからない

といった悩みが出てきます。

 

 

このような場合には、セロトニン増強ドリンクも存在します。

 

下記のドリンクは睡眠サポート系の栄養機能食品ですが、
精神安定剤などの代用品として選ばれています。

 

あくまで食品になりますので副作用はありません。

 


これは私が実際に飲んでいるものでもあります。

 

味は良くありませんが、
まず、睡眠の質が良くなった実感があります。

 

 

それと、薬に依存しない安心感が大きいです。

 

 

睡眠の質が良くなるということは、セロトニン分泌が適切という事につながります。

 

 

あくまで食品になりますので、個人差はあるかと思います。
ですが、パキシルなどの緩和薬に一生依存するよりは、マシな気もしています。

 

 

副作用が心配ならば、一度試してみても良いかと思います。

 

ご参考までに。

 

詳細はこちらから見れます。

 

 

 

 

パキシル副作用〜悪夢を見るメカニズムとは?

パキシルは、脳の神経を刺激してアドレナリンなどの物質の量を増やして、精神活動を活発にする作用のある薬になります。
精神活動が低下する状態であるうつ病やうつ状態の治療に使われます。
服用することで気分が高揚して、不安感や気力の減退が解消される作用が期待できます。うつ病になると不安感や焦燥などが伴うことも多いため、抗不安剤や睡眠鎮静剤が併用して使われます。
飲むことによって副作用もあり、発疹やかゆみなどの身体的なものから悪夢などの精神的なものもあるとされています。

 

副作用に悪夢を見るメカニズムとしては、パキシルによって出てくる脳内物質はうつや不安を改善するには有効ですが、
変わりに眠りが浅くなるという作用があります。

 

眠りが浅くなるということは夢を見やすくなる状態で、うつ病などを患っていると心の中に不安や焦燥があるため夢の中でもその気持ちが大きく影響していきます。そのため、その不安などのマイナスな感情などが悪い夢として出てくるのだと考えられています。

 

対処方法としては、次第に薬になれてくるまで様子を見る、お風呂に入ってリラックスしたり寝る前にパソコンや携帯電話を触らないようにする、寝る場所の環境を整えるなどをしていき、それでも体質に合わない場合には飲み方を変えるなどの工夫をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<パキシル副作用・概要>

パキシルは、日常生活における気分変調性障害などの、憂鬱な気持ちを緩和し、行動に対する意欲を向上させるための薬になります。うつ病や打つの前段階、気分変調性障害、パニック障害、社会不安障害、強迫観念、その他あらゆるストレスの緩和に役立つ薬として要されています。しっかりとした働きを持っている薬になりますが、副作用は必ず存在します。日本国内でのssri、選択的セロトニン再取り込み阻害薬としてセロトニンの神経にのみしっかりと働いてくれる薬になります。セロトニンは、健康的な人の場合であれば、毎日外出して太陽に当たったり、正常な食事を摂取しているだけでも、十分分泌が間に合う部室にあります。感情のコントロールを担っている重要な脳内伝達物質の1つになります。パキシルは、このセロトニンを再取り込みしてしまい、減らしてしまう原因ともなるセロトニントランスポーターの働きを抑制することになります。つまり直接脳に作用する薬となります。そのためその作用過程の中で、あらゆる副作用が確認されています。短期的な仕様であっても、初めてパキシルを服用する場合、ある程度の期間は副作用が現れたり、またなれたとしても、長期的に大量の服用を行う場合などには、深刻な副作用に見舞われることが心配されています。パキシルは、副作用が軽減されてるとは言っても、存在します。またいちにち1回で済むと言うことも、それなりの強い作用を持っていることの裏付けになります。子供や、高齢者に使用する際には注意することが必要です。そもそも子供に対しての使用はしない事が前提ではありますが、うまく睡眠をとることができない子供に対してや、精神的に不安定になってしまっていることも見ていると、ついつい自分の薬を分け与えてしまうと言うご両親もいらっしゃるようです。パキシルには確実な副作用があると言うことをしっかり理解した上で、扱うことが重要になります。さらに高齢者の場合であっては、持ち越し効果による眠気、その他、筋肉の弛緩作用による力が入らなく転倒してしまったという問題もありえます。高齢者の場合であっては、ちょっとした店頭であっても、老人性うつ病の発症につながることも考えられます。また独自の判断で大量に何回もパキシル服用してしまっていると言うこと確認されています。そもそもパキシルを飲んだことを忘れてしまっている場合や、効果を感じることができないため、急激に止めてしまったり、急激に大量に服用してしまったりということが考えられます。パキシルを始めとする抗不安薬の場合、最も危険な副作用として依存性があります。その他セロトニン症候群などの、落ち着かない、不安、興奮、下痢、などといった症状もありますが、やはり依存性が1番危険だとされています。いちど依存形成が行われてしまうと、副作用が辛いからといって、いきなり薬を止めてしまうことによって、副作用に似た断薬症状を引き起こすことがあります。これは薬を飲むことによって安心を得ていた部分が急になくなってしまったと言う精神的な依存の麺と、肉体的に薬の成分に依存を起こしてしまっていた面と両方の理由が考えられます。いずれにせよ、1ヵ月以上のパキシルの服用を行っていた場合は、医師に相談したうえでゆっくりと薬を止めていうことが重要です。もしくは別の薬に変更して行くということになります。ですが、高齢者の場合等であっては、パキシルなどの抗不安薬の複数の服用や、その他の持病に対する薬との相互関係が問題になってもいます。
また、精神的な問題の種類によっても、パキシルの服用バランスは違ってきます。うつ病で悩んでいた頃にもらってきたパキシルを心身症や、神経症等の問題の時に同じ比率で飲んでいても、効果を実感できない場合があります。また、長期的に服用している場合には、副作用の問題もさることながら、耐性が形成されてしまっている事にも問題があります。耐性が形成されてしまうと言う事は、今までと同じような分量を服用していたとしても、同じような効果を得ることができないということです。これは薬を飲んでも安心を得ることができないと言う精神的な焦りにつながってしまいます。この状態が長く続くと、独自の判断で薬の量を増やしてしまったり、極度の薬物依存に陥る恐れもあります。パキシルには、眠気、吐き気、口の渇き、食欲不振、イライラ感、めまい、頭痛、震え、性機能障害、など様々な副作用がありますが、やはり1番怖いのは依存性だと言うことをしっかり理解しておきましょう。長期間使用する際には、医師の指示にしっかりと従いながら使うことが重要です。