パキシルの副作用

パキシルの副作用について

パキシルの副作用の詳細についての記事を集めています。

 

薬を利用する上で、そのリスクとなる副作用を知っておくことは大切です。

パキシルの副作用〜症状説明記事一覧

パキシル副作用での暴力について

パキシルとは、抗うつ剤です。憂うつな気分をやわらげて、意欲を高めてくれる作用があります。抗パニック作用や、抗不安作用としても利用されています。作用としては、上記の、うつ病やパニック障害の他に、強迫神経症や、月経前不快気分障害、摂食障害にも利用されます。ただし、劇薬指定されていることもあり、過剰投与に...

≫続きを読む

パキシル副作用〜肥満の実態

パキシルは、脳の神経に働きかけて、アドレナリンなどの分泌を活性化させる効果があることから、かえってその反動を引き起こしやすい面があります。パキシルの効能は、テンションを高めることによって、うつ状態を払拭し、本来の自分らしさに近い状態を取り戻そうとすることにあります。ただ、薬に対する感受性の差異によっ...

≫続きを読む

パキシル副作用としての性機能障害

現代社会はストレス社会とも呼ばれ、その中で生活する人たちはさまざまなストレスにさらされています。ビジネスマンであれば、会社での上司や同僚との人間関係や厳しい競争、学生ならば就職活動や恋愛関係で悩む人も多く、主婦であっても子供の親同士のお付き合いや両親の介護の問題などストレスにさらされており、長くこう...

≫続きを読む

パキシル副作用〜未成年者への影響

パキシルという薬をご存知でしょうか、SSRIと呼ばれる抗鬱剤の一種です。鬱症状へのそのものの作用はかなり効果があるのですが、その反面副作用も出がちです。副作用の特徴としては、主に便秘や口の渇き、めまいやふらつきに加え、眠気や性機能障害、吐き気などが挙げられます。またパキシルの服用によって体重が増えた...

≫続きを読む

パキシルの副作用〜震え

パキシルは2000年に日本で認可された、最新のSSRI抗うつ剤で、脳内の伝達物質であるセロトニン系と呼ばれる神経のみに働くという特徴です。パキシルの働きにより、セロトニンを増加させ、気分を楽にすると言われ、その他の脳内物質への働きがないことが他の抗うつ剤に見られた口の乾きや便秘といった副作用の軽減に...

≫続きを読む

パキシル副作用〜物忘れが起きた時、脳では何が起きている?

うつ病とは以前から社会問題として問題視されている疾患のひとつであり、それに近い状態であるうつ状態などはどのような人でも起してしまうことが多いということからその患者の数は非常に膨大となっています。そんなうつ病の症状のひとつとして知られているのが物忘れであり、この症状から認知症などを疑われるケースもあり...

≫続きを読む

パキシルの副作用〜動悸がおきる心臓への負担とは?

パキシルの副作用として心臓の動悸があります。これは自律神経が乱れることによって引き起こされます。本来パキシルは心臓への負担を軽減させるために作られた薬なので、副作用は少ないと考えられていますが、それでも心臓のドキドキが起こることは間違いありません。一般的に、動悸が起こること自体は問題ありません。誰し...

≫続きを読む