パキシル副作用暴力

量が問題?

パキシルとは、抗うつ剤です。
憂うつな気分をやわらげて、意欲を高めてくれる作用があります。
抗パニック作用や、抗不安作用としても利用されています。

 

 

作用としては、上記の、うつ病やパニック障害の他に、強迫神経症や、月経前不快気分障害、摂食障害にも利用されます。
ただし、劇薬指定されていることもあり、過剰投与には注意が必要です。

 

パキシルを過剰投与した場合、激しい眠気や、幻覚、錯乱、せん妄、及び、痙攣等が現れることがあります。
副作用には十分注意が必要です。

 

 

中には、自殺念慮や、暴力情動の原因になったりする、重大な副作用も稀に発生していると報告されております。
これは耐性形成による依存性が大きく関連しているとも言われています。

 

こういったssri系の薬による暴力問題も
社会的な問題になりつつあります。

 

 

また、直接的な暴力はない場合も、態度の横柄化や言動の悪化などもあるとされています。
この副作用に関しては、服用している量が関連している場合も多いようです。

 

長期的な利用による場合、多くのケースで問題になる事でもあります。

 

 

妊娠中、または、その可能性のある女性や、
将来、妊娠を計画されている女性は、医師に相談の上、服用を検討する必要があります。

 

 

若い人や子供に服用させた場合、かえって悪化させたり、
自殺願望が高まる可能性もありますので、適用には、十分な注意が必要です。
てんかん、緑内障、躁病、出血性疾患などの経験のある方は、注意が必要です。

 

 

高齢者は副作用が出やすいため、少ない量から開始し、
腎臓や肝臓が悪い方も同様に少ない量から開始する必要があります。

 

 

自殺念慮のある方の服用には、十分な注意の上、慎重な適用が必要です。
飲酒は、可能な限り控えて、服用後の副作用や注意事項について、事前に医師から十分な説明を受ける必要があります。

 

 

パキシル副作用〜薬を飲まない方法もありますか?

関連ページ

パキシル副作用〜肥満の実態
パキシルの副作用が原因の肥満について
性機能障害
パキシルが原因となる副作用としての性機能障害
パキシル副作用〜未成年者への影響
パキシル服用で表れる副作用の症状と特徴及び未成年者への影響
震える
パキシルの副作用である手の震えなどの具体的症状について
物忘れが起きた時、脳では何が起きている?
パキシル副作用で物忘れが起きた時、脳での変化について説明しています。
動悸がおきる心臓への負担とは?
パキシルの副作用において動悸がおきる時、心臓への負担について説明しています。