パキシル副作用〜物忘れ

うつ病とは以前から社会問題として問題視されている疾患のひとつであり、それに近い状態であるうつ状態などはどのような人でも起してしまうことが多いということからその患者の数は非常に膨大となっています。

 

 

そんなうつ病の症状のひとつとして知られているのが物忘れであり、この症状から認知症などを疑われるケースもあります。
うつ病の物忘れのメカニズムとして脳では何が起きているのかと言うと、脳内にある神経伝達物質の濃度が薄くなっており、脳の働きが鈍くなっています。

 

 

 

神経伝達物質は脳内に放出された後どんどん外に出て行ってしまうため、それをとどめる力がないのです。

 

 

そんなうつ病を改善する薬として知られているのがパキシルであり、SSRIとも呼ばれています。

 

 

パキシルを服用すると脳では何が起きているのかと言うと、脳内の神経伝達物質が放出された後、時間経過とともに外に出て行ってしまうのですがその動きが阻害されるようになります。

 

 

結果として脳内に神経伝達物質を貯留することができるようになり、濃度が高まることによって脳の働きを活性化させることができるようになっているわけです。

 

 

そのため物忘れなどを改善させることができるのですが、パキシルには副作用が多く、長期間服用することは危険であるとされています。
特に性機能障害や眠気が強く、日常生活に支障が出てくるものが多いようです。

 

副作用にて物忘れが起きるという状態もあるため、扱いには注意が必要です。

関連ページ

パキシル副作用での暴力について
パキシルの副作用が原因の暴力情動や他の症状について
パキシル副作用〜肥満の実態
パキシルの副作用が原因の肥満について
性機能障害
パキシルが原因となる副作用としての性機能障害
パキシル副作用〜未成年者への影響
パキシル服用で表れる副作用の症状と特徴及び未成年者への影響
震える
パキシルの副作用である手の震えなどの具体的症状について
動悸がおきる心臓への負担とは?
パキシルの副作用において動悸がおきる時、心臓への負担について説明しています。