パキシル副作用肥満

肥満になるケースが多いのは事実ですが。。。

パキシルは、脳の神経に働きかけて、アドレナリンなどの分泌を活性化させる効果があることから、
かえってその反動を引き起こしやすい面があります。

 

 

パキシルの効能は、テンションを高めることによって、
うつ状態を払拭し、本来の自分らしさに近い状態を取り戻そうとすることにあります。

 

 

ただ、薬に対する感受性の差異によっては、
明るくなりすぎることもあれば、逆に不安感が増してしまうこともあります。

 

 

自身の性格以上の明るさを作り出すことで、
過剰な元気さから食欲が旺盛になることがあります。

 

 

一時的なハイテンション状態になる上に内蔵機能が追いつかないほどの飲食をしてしまう事も多いようです。
内臓器官的には代謝が極端に低下している最中の一時的な食欲旺盛になりますので、
脂肪も蓄積しやすい状態にあると推測されます。

 

 

一方では、不安感に押しつぶされることを紛らわすために、食べすぎてしまうこともあります。
これもまた、不安感からの行動力の減少による運動不足と重なり
肥満の原因になることが多いとされています。

 

 

いずれの場合も、通常の摂取の仕方とは異なり、肥満の原因になりやすい面があります。
パキシルの副作用として成分の直接的な作用としての肥満性は無いとされています。

 

 

パキシルを利用する際には、抗不安薬などを併用することで、副作用を極力軽減させることができます。
薬に負けやすい体質かどうかを事前に確認しながら、適正な使い方をおこなうことが大切になります。

 

 

パキシル副作用〜薬を飲まない方法もありますか?

関連ページ

パキシル副作用での暴力について
パキシルの副作用が原因の暴力情動や他の症状について
性機能障害
パキシルが原因となる副作用としての性機能障害
パキシル副作用〜未成年者への影響
パキシル服用で表れる副作用の症状と特徴及び未成年者への影響
震える
パキシルの副作用である手の震えなどの具体的症状について
物忘れが起きた時、脳では何が起きている?
パキシル副作用で物忘れが起きた時、脳での変化について説明しています。
動悸がおきる心臓への負担とは?
パキシルの副作用において動悸がおきる時、心臓への負担について説明しています。