パキシル 副作用 性機能障害

知らないと危険

現代社会はストレス社会とも呼ばれ、その中で生活する人たちはさまざまなストレスにさらされています。
ビジネスマンであれば、会社での上司や同僚との人間関係や厳しい競争、
学生ならば就職活動や恋愛関係で悩む人も多く、
主婦であっても子供の親同士のお付き合いや両親の介護の問題などストレスにさらされており、長くこうしたストレスにさらされていると、パニック障害や抑うつ症、うつ病などの精神疾患に陥る人が増えています。

 

 

特に抑うつ症やうつ病は、物事に取り組む意欲が減退し、
今までは何の問題もなくできていたことが億劫になるなど日常生活に支障をきたすようになります。

 

 

パキシルは、抑うつ症やうつ病に効果的な薬で、精神活動を活発にし、
不安感の減少や気分が高揚することで知られ、多くの抑うつ症やうつ病の人に処方されている薬です。

 

 

副作用としては、過敏症状や手指の痺れなどがみられることがあり、
また、パキシルの服用が原因となった射精遅延などの性機能障害もまれにあります。

 

薬による一時的な性機能障害であった場合でも、副作用としての実感がないケースでは
それが精神的なストレスになり、薬を服用しないタイミングでの性機能障害へつながる事があります。

 

 

特に男性では勃起障害などはかなりの精神的なストレスになります。

 

こういった事が頻繁に起きたり知らぬ間に、悩みの1つとして形成されてしまうと
その不安を取り除こう、緊張をほぐそうとパキシルの大量服用や長期的な依存という悪循環に陥ることも考えられます。

 

 

パキシル副作用〜薬を飲まない方法もありますか?

関連ページ

パキシル副作用での暴力について
パキシルの副作用が原因の暴力情動や他の症状について
パキシル副作用〜肥満の実態
パキシルの副作用が原因の肥満について
パキシル副作用〜未成年者への影響
パキシル服用で表れる副作用の症状と特徴及び未成年者への影響
震える
パキシルの副作用である手の震えなどの具体的症状について
物忘れが起きた時、脳では何が起きている?
パキシル副作用で物忘れが起きた時、脳での変化について説明しています。
動悸がおきる心臓への負担とは?
パキシルの副作用において動悸がおきる時、心臓への負担について説明しています。