パキシル 副作用 未成年

カウンセリングとのバランスが大切

パキシルという薬をご存知でしょうか、SSRIと呼ばれる抗鬱剤の一種です。
鬱症状へのそのものの作用はかなり効果があるのですが、その反面副作用も出がちです。

 

 

副作用の特徴としては、主に便秘や口の渇き、めまいやふらつきに加え、
眠気や性機能障害、吐き気などが挙げられます。またパキシルの服用によって体重が増えたり、
眠気とは逆の不眠の症状が出たりすることもあります。

 

 

これらの症状がひどい時には、医師に頼んでパキシル以外の抗鬱剤を処方してもらうといいでしょう。

 

 

また、未成年者にはあまり処方されないか、安易に使用してはいけないとされることが多いです。

 

この一因として、効果があるぶん攻撃的になりやすいとか、自殺願望が高まるといったようなことも報道されています。

 

 

しかしこれはあくまでもケースバイケースであり、未成年者でパキシルを処方されても、何ら副作用が出ないこともあります。
ただ若いうちは、あまり抗鬱剤のみに頼るのでなく、カウンセリングを行うなどの方法で治療を行うことが奨励されます。

 

カウンセリングだけでは、効果を実感するまでに時間がかかるため、
併用してバランスよく抗不安薬を利用する程度が良いかもしれません。

 

 

早い段階で薬に頼ってしまう事は、それだけで精神的な焦りをもたらします。
焦りは緊張と不安につながることも多く、症状を緩和するために服用しているパキシルで
不安が増すという負のスパイラルに陥ることも少なくありません。

 

 

 

パキシル副作用〜薬を飲まない方法もありますか?

関連ページ

パキシル副作用での暴力について
パキシルの副作用が原因の暴力情動や他の症状について
パキシル副作用〜肥満の実態
パキシルの副作用が原因の肥満について
性機能障害
パキシルが原因となる副作用としての性機能障害
震える
パキシルの副作用である手の震えなどの具体的症状について
物忘れが起きた時、脳では何が起きている?
パキシル副作用で物忘れが起きた時、脳での変化について説明しています。
動悸がおきる心臓への負担とは?
パキシルの副作用において動悸がおきる時、心臓への負担について説明しています。