パキシル 副作用 震え

デメリットの理解

パキシルは2000年に日本で認可された、最新のSSRI抗うつ剤で、
脳内の伝達物質であるセロトニン系と呼ばれる神経のみに働くという特徴です。

 

 

パキシルの働きにより、セロトニンを増加させ、気分を楽にすると言われ、
その他の脳内物質への働きがないことが他の抗うつ剤に見られた口の乾きや便秘といった副作用の軽減につながっています。

 

 

それだけ使い勝手がよい薬で、うつ病やパニック症状の治療への可能性を広げた薬ですが、
飲み始めには強い吐き気が続いてしまうケースがあり、数日で治まる方もいれば、ずっと続いてしまう方もいらっしゃいます。
この吐き気が辛く独自の判断で中止してしまう方も多いようです。

 

吐き気に関しては、経験が多い方であっても辛いものです。
約2週間とも言われている副作用の期間を乗り越えるのが第一の問題となります。

 

 

そして、長い間パキシルを飲み続け、突然飲むのをやめると、大きな禁断症状が発症する可能性もあり、
その具体的症状は、手の震え、耳鳴りや幻聴、空間が歪んで見えてしまうものになります。

 

震えはモノをもてなくなるレベルのものではありませんが、
力がしっかりと入らない事による細かな震えが多いようです。

 

 

そのため、一度服用したら、あとは医師の指示通り続けることが重要であり、
不快な症状が続く場合は医師に相談し、経過を見ていくのが良いでしょう。

 

 

自己判断による薬の併用、中止は危険です。

 

 

依存性が形成されている場合には事件性も報道されています。
パキシルは良い薬ですが、どこまでいっても薬には違いがありません。

 

 

デメリットを理解した上で利用する事が重要になります。

 

 

パキシル副作用〜薬を飲まない方法もありますか?

関連ページ

パキシル副作用での暴力について
パキシルの副作用が原因の暴力情動や他の症状について
パキシル副作用〜肥満の実態
パキシルの副作用が原因の肥満について
性機能障害
パキシルが原因となる副作用としての性機能障害
パキシル副作用〜未成年者への影響
パキシル服用で表れる副作用の症状と特徴及び未成年者への影響
物忘れが起きた時、脳では何が起きている?
パキシル副作用で物忘れが起きた時、脳での変化について説明しています。
動悸がおきる心臓への負担とは?
パキシルの副作用において動悸がおきる時、心臓への負担について説明しています。