パキシルの離脱症状

幻覚や幻聴も?

パキシルはうつ病やうつ状態、パニック障害、強迫性障害などに効果があるとされている抗うつ薬です。

 

 

脳の神経伝達物質であるセロトニンが減少するのを防ぐための薬であり、
セロトニン再取り込み阻害剤という種類の薬に分類されます。
この分類では一般的にはssriが有名でしょうか。

 

 

この薬を服用することによる副作用は少ないとされていますが、体力や体質、疲労状態、年齢によっては必ず確認されています。

 

さらには
やめるときには注意が必要となります。

 

 

それはパキシルにある離脱症状のためです。
やめる際には徐々に服用を減らしていくことが重要になります。

 

 

離脱症状には、めまいやふらつき、吐き気、嘔吐、頭痛、不眠、疲労感などがありますが、
特徴的なものとして知覚障害が見られます。

 

しゃんしゃんという耳鳴りがしたり、電気ショックのような感覚が起きることが多いです。

 

 

大抵は2週間ほどで解決しますが、人によっては3ヶ月以上かかる場合もあります。

 

離脱症状のつらさから再服用する人もいますが、それはいけないことです。
必ず医師と相談し、指導を受けるようにしなければなりません

 

 

パキシルなどの抗不安薬では、症状などから逃げたいために自己判断で服用バランスを変えてしまうケースが
とても多いのです。

 

 

服用の量が変化したり、他の薬との独自の併用では
どのような副作用が起こるか判断できません。

 

その結果、急激に中止することによっておきる離脱症状にも苦しむ事になります。
この状況になってしまうと、何の為に薬を飲んでいるのか、わからなくなってしまいます。

 

 

パキシル副作用〜薬を飲まない方法もありますか?