パキシルcr錠とパキシルの違い〜徐放錠とは?

効き目は同じだけど?

パキシルは2000年より日本で2番目に発売されたSSRIの抗うつ薬です。うつ病は脳内のセロトニンという物質が減少することによって起こります。セロトニンを選択的に取り込むことにより、不安や気分の落ち込みを改善していきます。妊娠中の方は、胎児への影響がありますので、服用できないことになっています。授乳中の方にも、母乳に移行してしまいますので、人工乳をおこなってください。パキシルは効果も強い分副作用も強く現われます。他の飲み合わせの薬にも注意しなければならないものもたくさんあります。パキシルは血中濃度が急激に上昇しますが、その後急激に低下します。そのため、ふらつきやめまいの副作用が一番多いのです。ここで改良されたのがパキシルcr錠です。2012年GSK社より発売されました。効能はパキシルとほぼ同様です。パキシルcr錠のCRとはControlledReleasaの略で日本語で徐放という意味です。薬の形にはいろいろありますが、パキシルとの違いはパキシルcr錠は徐放錠です。徐放錠とは薬が徐々にとけてゆっくり放出されていきます。ゆっくり吸収されることにより薬の血中濃度の急上昇を緩やかにします。副作用も軽くなります。パキシルcr錠とパキシルはこの2点が大きくの違います。